猫とひなたぼっこ

スポンサーサイト - --/-- --

trackback (-) | comment (-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えーーーーーっと。 - 09/30 Wed

trackback (0) | comment (8) | にゃんこ(日常)
仔猫、保護しました(;´Д`)

土曜日、出勤だったワタシ。
旦那さんが珍しくお休みだったので、
(結局、客先からのTELで仕事する羽目になったそうですが・・・)
心置きなく残業して帰宅しました。

すると・・・仔猫の声が2匹分。
別々の場所からしています。

1つは移動しているようですが、
1つは我が家の裏手にある水路のほうからでした。
薄暗い中、目を凝らしてみても姿は見えません。

気になりながらも、親猫が迎えにくるんではないかと様子を見てました。
というか、何度も様子を見に行けど
その時間まで姿が確認できなかっただけとも言います。

23時ごろ、また鳴き声がするので様子を見に行ったとき
ようやくその姿を確認できました。

それが・・・

20150926_08.jpg
この子でした。



我が家の裏手の水路は
こんな感じで、三段階になってます。
(絵がわかりづらくてスミマセン(^▽^;)

図解1

この赤丸で囲んだあたりで、
「ココはどこ~!!」
「ママ~~~~」
って全身で鳴いてました。

目が合った瞬間、
「ボクはココですっっっ!!」
「助けて~~~」
っていわれてる気がして。
迷うことなく水路に下りることができそうな場所へ
バスタオルに懐中電灯を持ち、
ゆなゆなについてきてもらって。(←懐中電灯要員)

なんとか無事、保護できました。




20150928_59.jpg
(↑ちっこの瞬間ww)


さて・・・保護したものの、、、
このサイズの子はどうやってお世話したらよいのか分からず。

失礼を承知で、シドとノアの保護主であるまるにゃんさんへ助言を仰ぎ、
今のところ、すくすく育っております。

名前は「ぽこ」と命名。
生後4週の男の子です。
エイズ、白血病は陰性。
フロントラインスプレー済み。

とりあえず、里親探しをするのか、わが子になるかは未定です。





20150928_21.jpg

まるにゃんさんいわく、この子は人の手を知っている子。
だから、素手でワタシでも保護できたんでしょうね。
(↑後先考えてない人)

近所にえさやりさんなのか、外飼いさんなのか判断つきかねるお宅があって。
たぶん、そこにお世話になっていたのではないかなぁと思われます。


ちなみに、この子を探すきっかけになったもういちニャンの声。
この子の兄弟ではないかと思います。
この子は母猫と一緒のようで、時々、大人の猫の声と共に移動しています。

ぽこも。兄弟も。
元気にすくすく育ってくれればよいなぁと、思います。





にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!



スポンサーサイト

最近思うあれこれ。 - 09/25 Fri

trackback (0) | comment (0) | たわごと
ご無沙汰しております。
ちゃままです。

今回は。
かなりのたわごとですゆえ・・・・
興味のある方だけ読んでいただければ・・・幸いです。



ココ最近の安保法案のお話。


正直。
怖いです。


何が怖いって。
今、現在。
政治を担っていらっしゃる方々が。

憲法をないがしろにしている発言をすること。

自分たちが通したい安保法案に
「憲法」解釈がそぐわないのなら、
その解釈を曲げればよいてき発言をしていて・・・

そのことを国会で審議されないこと。

あれほど。
反対している野党がいるはずなのに。

平和ボケしているといわれる日本において。
これほど国会の前でデモが行われているにもかかわらず。
その重みを受け入れない、国会もどうかと思うし。

正直。
怖いです。





20150917_62.jpg

「命」というものを考えるときに。
ワタシは、人も動物も。
この世界で行きとし、生けるもの。

全ての「命」を考えます。

ですが。
「命」というカテゴリーは。

人によっては、
「人間」に限定されていたりすることもあります。



ちなみに。
ワタシの考える「命」について。
正直にお答えしましょう。

モウシワケナイが。
「昆虫」「微生物」様に重みを感じることはナシです。
どんなに、生態系において、その活躍が重要であっても、
正直、人間の管理課に置くことはできないと考えるものなので。

人間の範疇を超えるもの。

それは。
尊敬の念を持ち、
その存在について、肯定する意味で。
手が出せないと判断します。


ですが。

今、議論されてる安保法案は。
憲法9条を審理するということにおいては。

いささか。
不穏な空気を感じていることは紛れも無いことです。

与党の説明する事案においても。

確かに。
現日本という国において、
国防という観点に立てば、言わんとすることは理解できなくはないのですが。

個人的に。
アメリカにおける銃規制の問題と似ていて。

危機的状況だから武器を持つという行為が
果たして国防という観点において正しいといえるのか。
現、与党がいう国家的危機を照らし合わせても。

ごめんなさい。

「あほか!」
の一言でワタシのなかでは終わってしまうとです。


ひとつ。
例としてあげるならば。
「イラク」を巻き込んだココ最近の戦争を上げることができるでしょう。

随分、むか~し昔のお話ならば。
敵の将軍を打てば、撃沈しただろうアレコレ。

現在はといえば。
「終わり」・・・・ドコですか?な状況です。






20150917_42.jpg


本当に。根治的な見解ですよ。

全てにおいて。
「許」されなければ終わらないのです。

人間。
生きていれば、どんなにまっすぐ生きていても
「間違い」というものを犯すのです。

どんな許容範囲で周りが包み込んでくれているか・・・

そのことを考えることで、どれだけ成長できるか
理解されることが試されているわけで。


相手を撃っても、
憎しみが憎しみを生むだけでしか
ない気がします。



というわけで。
本日のたわごと劇場は終了となります


いやはや。
書きたいことは山ほどあれど。


本日はこのへんで。

一歩一歩 - 09/07 Mon

trackback (0) | comment (2) | にゃんこ(体調)
「天高く、馬肥ゆる秋」
がやってまいりましたww

9月に入ったとたん、
「今までの暑さはどこへ?」
な、ちゃまま地方です。

もうすぐ、健康診断だというのに、
一向にダイエットが進まない(;´Д`)

お酒をやめればよいことだけは分かっているのだけれど・・・
それが一番ムズカシイ・・・

人事異動の関係で、
ちょっと気を使うことが増えたからか、
飲み始めるとお酒の量のセーブがきかないとです(。´Д⊂)


まぁ・・・それはさておき。
にゃんずのダイエットは少し成果が出てまいりました。


20150906_16.jpg




シド:5.4kg(-0.2kg)
ノア:4.2kg(-0.2kg)
カッツ:4.2kg(-0.3kg)


皆様、いい感じで減ってらっしゃいますヽ(*´∀`)ノ

ご飯を、同じメーカーのダイエット食に切り替えてみたとです。
食いつきも悪くなく。

というより、今までのご飯に飽きていたのか
むしろ食いつきはよく。

ご満足いただけているようです。


















20150906_31.jpg



ココ最近の出来事としては・・・

寝るときに、ほぼ毎日、
シド君のフミフミを見ることができるようになったことが
幸せですね~。癒されますね~。


ビクビクの権化だったシド君。

もうすぐ我が家にきてまる3年を迎えるのですが。
ここにきてようやく、
ぱぱにゃーにココロを開きました。









20150906_08.jpg

ぱぱにゃーは我が家で一番大きく。
しかも、決して動物好きではないのです。

愛情がないわけではないのですが。
ツンデレ度合いがハンパなさすぎて^▽^;

理解に時間がかかります。

ちなみに、カッツ閣下は、
即効、ぱぱにゃーの懐に入り込んだ男ですが。
気づかいのシド君は
ぱぱにゃーの行動を逐一観察しすぎて
身動きとれず・・・

そんなシド君をどう扱ってよいか分からないぱぱにゃー。

見ていてもどかしかったのですが。
ココに来て打ち解けたようで。


その甲斐あって、
きっと、連日連夜のフミフミ祭りなのだと思います。










20150906_03.jpg

今年、我が家の庭で採れたイチゴとブルーベリー。
冷凍保存していたものをようやく、ベリーソースにして食べました。

手作りのものはちと手間がかかりますが。
素朴でおいしくて。
ますます肥ゆる秋ですねww


・・・やっぱり、健康診断の体重測定は諦めるべきかしら
と思うちゃままでした。







にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!

    ≫ read more

駄文・・・ - 09/01 Tue

trackback (0) | comment (2) | たわごと
ここのところ感じるアレコレ。

たわごとですゆえ、読み飛ばしていただければと思います。



まず。
「子ども会」という団体について。

子どもの健全な育成を目指すという子ども会。

地域とのつながりというものを感じ、学ぶという点においては
とても大切な団体ですが。

その中に身をおいておりますと。

いかに、大人のエゴで動いている団体かということが見てうかがえます。

特に、現子ども会においては。


「引越し」という経験をしているから感じるものかもしれません。

どうしても、以前の子ども会活動と現子ども会活動を見たとき。
「?」が湧き出てくるとです。


活動の主体がドコにあるかということなのでしょうね(;´Д`)



20150424_11.jpg

(写真は転用でスミマセン)



もうひとつ。

たぶん、永遠のテーマなのだとは思いますが。

Facebookをみていると。
連日掲載される保護を必要とする生きとし生けるものの声。


自分の脱走対策は万全であるかを振り返るときをくれる
あの記事。


助けてあげたいという気持ちはあれど。
我が家が保護主としての声をあげられない・・・

迎えるときはわが子として
命尽きるまで共に生きるというのが「信条」なので。

・・・正直。
切ないなぁ。
わが子として迎えられないかと自問自答を繰り返します。

とはいえ。
今いるわが子へストレスを掛けたくないのも
これまた事実。

ワタシの余力も必要ですし。

・・・いつも切ないなぁと
思います。


パートナーをして迎える方法は様々。

であるならば。

血統書なんか気にせず。

ひとつの命として。
共に暮らす命のインスピレーションを感じにいかれませんか?

それはどんな場所だってよいと思うのです。

最悪。ペットショップってこともあるでしょう。

でも。
預かった命を、最後のときまで。
見つめ続ける強さを持ちましょう。

どんなに大変でも、彼、彼女らが愛情を示してくれる限り。

私たち(人)はその想いに報いるべきなのです。












にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。