猫とひなたぼっこ

スポンサーサイト - --/-- --

trackback (-) | comment (-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻がね・・・ - 10/26 Wed

trackback (0) | comment (2) | にゃんこ(体調)
Katz:「HI! Noa.」

Noa:「Hi! Katz.」

Katz:「What time is it?」

Noa:「It's Twelve o'clock.」

Katz:「What time do you usually eat lunch?」

Noa:「At twelve thirty.」

Katz:「Let's have lunch together.」

Noa:「No!!!」(←教科書なら”Sure”)


IMG_2131.jpg



英語の学習をしている娘が。
この文章を「ナンパ」してる文章だと(笑

というか、英語の先生もそう説明しているのだと。

最近の授業はそうなのねw





授業にしても、問題の解き方ひとつにしても
遠い昔に自分が学んだものとはかなり異なっていて。
娘に説明するのも一苦労。

そして思い出す。

昔、父親に数学の問題を教えてもらったときに
父の説明がちんぷんかんぷんだったこと。
まず問題を解くのに時間がかかったこと。
それをワタシに噛み砕いて説明しようと一生懸命でいてくれたこと。

そう。
ちんぷんかんぷんだったけど、一生懸命説明してくれるから
一生懸命、理解しようとしたなぁ。

気難しい父が必死で教えてくれていたから。


わが子に、数学の問題を聞かれて、
解き方を思い出すのに数分。
どう説明したらよいかを考えるのに数分。

説明を始めると「もういい」といわれること数十回。

・・・ワタシは数学の教師ではないのだよ?!
と思うこと同じ回数。








さて。
我が家の猫さま方。

お尻がにおうとです。



IMG_2106.jpg

におうのはシドくんとの~たん。


ということで、肛門嚢絞りをさせていただきました。


シド君のはそれほどひどくも無かったですが。
の~たんの右のほうは危なかったように思います。

というのも、出てきた分泌物が茶色かったので(;´Д`)

普段なら白いのです。
もちろんくさいのです。

が・・・今回のの~たんの茶色さんは
くさいに磨きがかかっておりました。

かなり、成熟されていたようです。


もう少し肛門嚢炎で病院にかかるところだったのかもしれません。


といっても、お尻を頻繁に舐めるとか、
お尻を床にこすりつけるといった行動は見られなかったんですけどね。











IMG_2121.jpg

ちなみに。
カッツは我が家にて肛門嚢絞りをしたことはございません。

というか、多分我が家ではできません。

今のところ、カッツには必要ないと思われます。
(特有のにおいをさせることもないので)












IMG_2151.jpg

涼しく・・・をあっという間に通り越して肌寒くなってきましたね。
夜のねぇねのお膝は大人気w

そろそろこたつの準備を始めないとなぁと思う今日この頃です。













にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!




スポンサーサイト

お願い事とエトセトラ - 10/15 Sat

trackback (0) | comment (2) | にゃんこ(日常)
日曜日に腰を痛めてから一週間が経過しようとしています。

たまたま、祝日も開いているという
ネット情報で駆け込んだ整形外科でしたが。
若いけれど、とても上手な先生方のおかげで、
すでにほぼ復活しているちゃままです。

いやはや。
身にしみて、「ストレッチ」の偉大なる効果に
頭が下がりまくっております。

あと少し。
ほんの少し、傷みの「芯」が残ってます。

でも、教えていただいたストレッチを朝夕と行うことによって
改善しているので、これは継続しかないなぁと思っている次第です。




IMG_1982.jpg

いちごさん。
ついに、正式譲渡のお申し出をいただけました。

ただ、ママさんのお仕事が大変お忙しいようで。
ワタシとの休みが重ならないので、お手続きは11月になりそうです。

こまめに心を砕いていただいている里親様ですので、
きっといちごさんもすでにワタシのことなんて忘れ去っていることでしょう。
でも、それでいいのです。

とはいえ。
仲良しになったつむぎ&いちごコンビに合えるのは楽しみですね(*^▽^*)











IMG_2065.jpg

腰のほうにまだ痛みは残っているのですが。
動けるようになった途端。

ぎっくり腰まがいの特需は終了した模様です。

動けなくなってから旦那さんも娘も。
とても気遣ってくださいました。
こちらが申し訳なくなるぐらい。

でも、治療が進み、動けるようになった途端。

また、ワタシが動くのが当たり前の日常に戻りつつあります。

・・・正直。
それってどうなの?とも思いますが。
きっと、神様に与えられた彼らにとっての甘えてよい時間なのだと
・・・思い込むことによって乗り切ろうと思ってます。

腹を立てるのは簡単ですが。
腹を立てたところでどうとでもなることではないですし。


実際。
ワタシも通ってきた道でして。

我が母にはとてもすまないと思う次第です。





IMG_1965.jpg

にゃんずといえば。

親愛なるカッツ閣下へ。

お願いがございます。

明け方4時に自動給餌器にてご飯を差し上げておりますゆえ。
明け方5時より狂喜乱舞したように「ワンワ~ン」と叫びまくるのは
ドアをカシカシ掻くのは辞めていただけませんでしょうか?

せめて。
ワタシの腰が完全復帰するまでで良いのです。

音に敏感なパパさんを起こさないためにも。
(起こすと不機嫌だからね)

ワタシが対応できるようになるまで、
どうか。

よろしゅうお頼もうしますm(_ _)m











にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!





やっとこさ・・・ - 10/11 Tue

trackback (0) | comment (2) | にゃんこ(体調)
まともにPCに向かうことができるようになりました。

この秋はどうも体を壊しやすいらしいちゃままです。

ことの起こりは9月半ばにマッサージクッションを使って
首が寝違えたようになったこと。


IMG_2079.jpg


それでも強行にバレーボールを週1回だからと続けていたら、
9月末に古傷の左手小指を負傷。

中学校の頃、移動の渡り廊下でバスケ部男子とぶつかりまして。
「亜脱臼」しまして。
それ以来、レシーブをする際、手が床に当たることがあるんですが
その時の当たり所が悪いと亜脱臼したところが腫れあがる様になりまして。
現役当時は気をつけてましたが・・・
十数年たった近頃はすっかり忘れておりました(;´Д`)

まぁ、そんなこんなでキーボードを打つこともままならず。
仕事も重たいもん持ち上げるのに
小指が使えないのはそこそこ不自由でして。
それをかばって仕事を続けてたのがダメだったんでしょうね。

今度は「腰」にきました(TωT)







IMG_2087.jpg


這いつくばってなんとか移動。
周りにある家具の力を借りて何とか立ち上がることはできますが。
それも激痛を伴うので、トイレに行くとき以外は
とにかく寝て過ごすこととなりました。

もちろん、2階へ行くことなどできませんから、
1階にあるソファーベッドがホームポジション。

すると、わらわらニャンズがやってきて。
ただでさえ、寝返りを打つのにも激痛を伴う状況で
自分の楽な体勢を見つけつつ過ごすのは何気に超ハードです。










IMG_2013.jpg

腰をやったのが3連休に入った頃だったので
とにかく、休みでも開いている病院を探して通院開始。

どうも、左の骨盤がずれていたことが原因で起こったらしく。
左右の太ももの筋肉とお尻の筋肉をほぐすことで
緩和されると説明を受けまして。

ストレッチやマッサージ(?)で
筋肉をほぐしながら治療しております。

一見関係のないところを押されてるんですが、
このツボ押しのようなマッサージがかなり痛くて。
でも押すたびに腰は楽になっていってるから不思議ですね。






IMG_2059.jpg

さて、ニャンズのダイエットは順調に進んでおります。

   先月    今月
シド:5.7kg → 5.3kg
ノア:4.9kg → 4.6kg
カッツ:4.8kg → 4.5kg

となりました。

2ヶ月で0.3~0.4kg減というのは良いペースなのかしら?

昨年の10月の体重が
シド:5.2kg
ノア:4.0kg
カッツ:4.0kg
なので、ここを目指してダイエットを頑張るべく、
ご飯の量はこのままで、
運動量を増やしていこうと思います。






IMG_2088.jpg

急に寒くなりましたね。
シド君、暖を求めてお膝猫が盛んになりました。
今年はいつにもまして寒暖の差が激しいですから
皆様、体調にはお気をつけくださいね~。
(崩しまくりのワタシが言うなという突っ込みはナシでお願いいたします^▽^;)










にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。