猫とひなたぼっこ

スポンサーサイト - --/-- --

trackback (-) | comment (-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好かれる兄は大変なのです - 03/12 Sun

trackback (0) | comment (2) | にゃんこ(日常)
ある日のお昼寝風景・・・

170310_1.jpg

あらっ・・・
奥に茶色のだるま落としが出来上がってる(;´Д`)







シド君、大丈夫ですか?
170310_2.jpg
写真撮ってないで助けてください・・・












170310_3.jpg
あぁぁ・・・ボクはもう・・・Zzz・・・

といってたかどうかは定かではないですが、
この後、シド君。
カッツを乗せたまま寝ちゃいましたw

シド君大好きカッツなので、
いつでもどこでもひっついていたいのよね~(*^▽^*)







娘が、Facebookでよく見かける
「バラのアップルパイ」を作りました。

170312_1.jpg

最近の中学生の間では
 バレンタインデー=友チョコ交換の日
 ホワイトデー=友チョコをもらったけど
           あげられなかった人へのお返しの日
というイベントに変化している模様。

というわけで、お返し用のパイを作ったわけです。
お友だちに喜んでもらえるとよいなぁと思います。









にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!





継続は力なり - 02/04 Sat

trackback (0) | comment (-) | にゃんこ(日常)
そうそう。
つい先日のこと。

シド君が自ら抱っこされに来ました(≧▽≦)

お膝に乗ることはあっても抱っこは嫌いなシド君。
それでも我が家にきてから、

最初はお膝に乗せるための抱っこ。
  ↓
お膝に自ら来たときに座り方を体操座りに変えて
太ももとおなかで包み込むようにして抱っこ。
(あくまでシド君の体はワタシの腕で支えてます)
  ↓
抱っこしたまま部屋の端から端へ移動。
その後、おやつ
  ↓
抱っこしたまま別の部屋から猫部屋へ移動後、
おやつ。
  
という流れで、
抱っこして移動は決して嫌な事ではないと刷り込みw

とうとう、寝る前のおやつを食べたくなったシド君は
ワタシの肩に自ら抱っこされにきてくれた次第です。



IMG_2932.jpg


そもそもこんなことを始めたのは
病気になったときにスムーズにキャリーに入れるためだったり、
体調管理のため撫で回す必要性を感じたから。

カッツも最初は頭の周辺以外を触ると攻撃的でしたが、
気が付けばおなかをなでられても平気に。
後はお尻周りをもう少し触れるようになったらと
今、挑戦中です。

猫さまの性格もあるので、
どんなに継続しても慣れてくれない子もいるでしょうし、
そのことがストレスになる子もいるでしょう。

なので、ゆっくりと猫さまのペースに合わせて。
猫さまにとって嫌いなお世話が
「嬉しい」「心地いい」「おいしい」「楽しい」といった
プラスのイメージに変わるように。
これからも根気強く付き合っていきたいなぁと思います



※しばらくはコメント欄を閉じさせていただきますね


にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!





猫団子は偉大なり - 02/02 Thu

trackback (0) | comment (-) | にゃんこ(日常)
今年の冬の寒暖差はすごいですね~(;´Д`)

小春日和かと思えば翌日には真冬に逆戻り。
三寒四温なんてスパンじゃなくて、めまぐるしく変わってて。
体調を崩さないように過ごすのがやっと・・・
といった毎日ですよね。



IMG_2999.jpg

1年に1度は温泉に行こう!
を目標にしている我が家。
ここのところ、ワタシだったり、旦那さんが忙しくて
温泉旅行に行けてませんでした。

それが、ようやっと今年は
なんとか県内ですが温泉旅行に行くことができました。

前日まで雪なんて降るの?って感じだったのに
私たちが温泉に行く日から急に寒くなり、
朝、目覚めたら一面雪景色(苦笑

せっかくきれいに咲いていた花も
雪をかぶっちゃいました。







IMG_2889.jpg

そんな中、冬になると
風邪をひいて鼻水と瞬膜を真っ赤にしていたカッツ。

今年はたま~に鼻水が光ってますが
瞬膜を真っ赤にすることなく過ごすことができています。

我が家に来て2年と数ヶ月。
栄養状態が良くなったこともあるでしょうが、
猫団子で過ごすようになったことが
一番の要因だと思っています。








IMG_3016.jpg

の~たんがカッツを受け入れてくれたおかげだね。
とはいえ、全面OKというわけではなくて(^▽^;

時に鋭いパンチをお見舞いしてることも
まだあるんですが。

それでもシド君がいないところでフツーに猫団子になってたり。
3ニャンで大きな猫団子になっていたり。

また、微笑ましい光景が増えました(*^▽^*)


人の方・・・特にワタシと旦那さんは体にガタがきはじめているようで、
昨年の秋から年末はワタシのケガばかりでしたが、
新年早々、旦那さんが目の手術を受けました。

幸い、コンタクトを作りに行った先の方に眼科の受診を勧められ
早い段階で網膜の裏に空いた穴に気づいていただけて
簡単な手術で事なきを得ました。

このまま気づかず過ごしていたら
そのうち網膜はく離を起こしていたかもしれないし
起こさなかったかもしれないし・・・な状況だったそうで。

時々、一般的な健康診断以外にも
眼科検診や歯科検診など受けに行った方がよいのでしょうね。

娘のためにも猫さま方のためにも
健康にいっそう気をつけようと思います。




※しばらくコメント欄は閉じさせていただきますね




にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!







今月の体重測定 - 01/31 Tue

trackback (0) | comment (-) | にゃんこ(体調)
なんとか1月最後の日に間に合いました(;´Д`)


1月の体重測定は、12月と変わらず、

シド:5.4kg
ノア:4.4kg
カッツ:4.2kg

となりました。

見た目に一番スレンダーになったのはの~たん。
毛艶が増したのはシド君。
動きが良くなったのはカッツ。

3ニャンともダイエットをしたからか、
仔猫たちが旅立って遠慮する必要がなくなったからか
今年は一段と運動会が激しいです(^▽^;








そこで、猫部屋の模様替えをしました。

ず~っと気になっていた
 ①キャットタワーのツッパリが弱くなっている
 ②自動給餌器の位置を高くしたい
 ③クローゼットを開けやすくしたい
という3点を改善すべく、断捨離と配置転換をした次第です。


IMG_3026.jpg

キャットタワーを新しくしようかとも思ったのですが、
変化が嫌いなニャンコさんの気質を考え、
まずは配置転換に慣れていただいてからと
今まで使っていたキャットタワーを一部分解。

お外の観察が好きなの~たんのために
小窓がのぞける位置に配置。







IMG_3021.jpg

自動給餌器は今までメタルラックの対面に置いていた机を移動して
上に配置しました。

今までの位置はトイレと出入りのドアの間にあって
ニャンコ的にも不愉快だろうし落ち着かないだろうなぁと
気にはなっていたんですが。
なかなかいい場所を思いつかなくて。

ようやく地べたではなく、上に置けばいいんだという
結論に達した次第です。

移動して数日は、給餌器の音がしても
 自動給餌器=机の上
と認識できてませんでしたが、
2週間たってようやく配置に慣れてきたようです。

もう少し、この配置に慣れてきたら
そのうち新しいキャットタワーにしてあげたいなぁと思っています。



今週末、旦那さん方の父母が来福します。
目的は、娘のブラスバンド部の発表会です。
そのため、年末できなかった大掃除を新年早々やってます(^▽^;
果たして間に合うことやら・・・。
とりあえず2組のお布団が敷けるスペースの確保したいと
断捨離に励むこととします。

※コメントを頂いてもお返しできそうにないので
 コメント欄はしばらく閉じさせていただきますね



にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!





はじまりました。 - 01/09 Mon

trackback (0) | comment (5) | にゃんこ(日常)
新年が始まってから明日で10日目。

大変遅くなりましたが・・・
皆様、あけましておめでとうございます。


IMG_2571.jpg

年末はワタシの実家で過ごし、
年明け早々、主人の実家へ移動。

熊本地震の影響で高速が片側通行で、
どの程度、車で過ごすことになるか分からなかったので
今回はニャンズをお留守番させての帰省となりました。

車で飲まず食わずの緊張状態を何時間も過ごすより
家で過ごした方がよいと思われたので。




IMG_2575.jpg

ご飯はそもそも自動給餌器を使用しているため
満タンにしておけばOK。

水も普段から多めに準備しているので何とかなる。

問題はトイレ。
きれい好きのニャンズの皆様ですから。

とりあえずトイレを増やして。

エアコンはつけっぱなしにしてるけど、
何かあったらいけないので、
防寒用の毛布やカーペットを粗相覚悟で準備して。

初の2泊3日をお留守番してもらいました。




IMG_2553.jpg

本来ならば、ペットシッターさんをお願いしたり、
近くに住む両親に様子を見てもらうように
お願いすべきかもしれませんが。

そもそも、今回の帰省も主人の仕事の関係で
ギリギリまで帰省できるか分からなかった為
ペットシッターさんをお願いすることもできず。

ワタシの両親に様子を見てもらうにしても
猫があまり得意でない母に様子を見てもらったときに
カッツが脱走しやしないかが心配で(;´Д`)

もともと動物が嫌いなわけではない母ですが。
猫はどうも苦手らしく。

ただ、今回の帰省について話したときに、
自ら「様子を見に行こうか?」と申し出てくれたので。
我が家に来た際は、ニャンズと触れ合っていただこうかと
思っております。



IMG_2565.jpg

ちなみにニャンズだけのお留守番は、誰かが吐くこともなく。

床におちたカーペットに粗相があったものの
ニャンズたち的には「あっ、いたの?」くらいのお出迎え(^▽^;

普段から、仕事に行く日はほぼ猫部屋で過ごす彼らですから
いつもと変わらず過ごしてくれたようです。

帰省中は心配しましたが、
連れて帰ったときよりも状態が良かったのでほっとしています。







IMG_2606.jpg

仔猫たちが卒業して更新頻度がかなり落ちております当ブログ。
本年は、以前のように・・・までは行かないかもしれませんが(←すでに弱気^_^;
ほんの少しココロに余裕を持って、ブログを更新したり、
趣味を頑張ったり、子どものこと、旦那さんのこと、ニャンズのことに
目を向けていければなぁと思っています。


どうぞ、本年もよろしくお願い申し上げます!










にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。