FC2ブログ

猫とひなたぼっこ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の幸せとは・・・

猫と暮らしはじめて、よく考えます。

うちの子たちも、もとは野良猫さんの子どもだったようです。
保護主さんが保護してくれて、今は我が家で家猫中。


我が家の裏にあるおうちのお庭で
野良猫さんが赤ちゃんを育ててます。
20130607_02.jpg
ママ猫とハチわれ仔猫




20130607_19.jpg
ハチわれ仔猫と白ぶち仔猫



20130607_27.jpg
キジトラ仔猫




ママ1にゃんに仔猫3にゃんの家族です。
周囲を警戒しながらも仔猫たちはママにゃんと一緒で幸せそう。


でもひとたび人間をみると、
それまでの優しい表情から一転、険しい表情になります。
それは、仔猫さんもなのです。


それを見るとお外の生活は本当に自由なのだろうか?
ちょっとの物音にもビクビクする生活、
縄張り争いで怪我をするかもしれない、
食べ物も満足に食べることができないかもしれない。
寝ているところを襲われるかもしれないから
ゆったりと寝ることもできないかもしれない。
車にひかれるかもしれない危険だってある。
心無い人に虐待される可能性だってある。


でも我が家のにゃんずは、

おうちの外に出ることができない
自由のないこの子達、
子どもを作ることができないこの子達。

果たして幸せなのだろうか?


答えのない迷路に迷い込んでしまいます。


きっとにゃんず達にもわからないことなのかもしれません。






ただ・・・
20130120_53.jpg




20130120_46.jpg
こうやって、安心して寝てくれているだけで
ワタシは救われる気がします。




いくつかの保護主さんのブログを拝見していると
猫生ってかなりの確率で人に振り回されていますよね?

 頑張って助けようとしている人
 自己中なえさやりさん、
 中途半端で無責任な飼い主さん
 人以外の命に対する考え方のできていない方々 etc

自分に懐かないからなどの理由で捨ててみたり、
飼い猫やえさをやってる野良猫が子どもを産んだからと
保健所に持ち込んでみたり。
運のいい子は助けてもらって第2の猫生を送ることができたり。

それだけ人が干渉しているのだから
今の野良猫といわれる猫の生活は「自然」ではありえない。




元気に、お外で暮らすこの家族を
今のワタシは、見守ることしかできません。
幸い、このお宅の方々も見守られていらっしゃるようです。

いつか、この家族に人の助けが必要になったとき、
(他のにゃんこでも)
助けられる人でありたいと思います。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。