FC2ブログ

猫とひなたぼっこ

ARTICLE PAGE

違和感

ようやく。
ペコ・ポコのお母さんを捕獲できました!


20160229_15.jpg

すでに、避妊手術完了。
本日退院しましたが、雪のため、明日リリースの予定です。


今回、我が家の周辺の女の子だけのTNRをするにあたり、
いろいろ調べました。
・・・というか、まぁ、捕獲方法についてなんですが。

そこで、行き当たった記事に、「TNRは無意味」という記事もありました。


ちゃんと読ませていただいた上でのワタシの違和感。
本日はそれを記事にさせていただきますね。


統計的にいえば。
TNRは無意味なのかもしれません。

TNRを行おうとしている団体、もしくは個人が把握できている
猫の性別および頭数が確実なものでない限り、TNRという方法は、
本来の目的を果たさない、というのが
その記事の主体をなしていたと思います。

んでもって、地域が孤立していないのであれば、
流入などの問題もあるため猫の糞尿被害および繁殖の問題は
解決しないというものでした。

データをもとに解説してあるブログに、
納得もするのですが、違和感がありました。

なんだろう。
大雑把すぎるんですよね。

確かに。
えさを与えている人の中には、ブログに取り上げられていたような方も
いるのだと思います。

ただ。
ちゃんと頭数管理されてる方もいるんだと思うのですよね。

決まった時間に、決まった場所でご飯を与え。
そこに、知らない子が来たならTNRし、頭数が増えないようにする。
そういった団体もあると思うのですよ。

まぁ、それも1つの私の中の正しい道筋だとして。

もうひとつ。

本当にTNRしている状況としていない状況は同じなのかということ。

将来的に考えたときに。
子どもを生み、はぐくむ頭数が減ったとき。
本当に無意味なのか。

TNRというのは一時的な処置では無意味で
持続性がなければ効果をなさないものなのだと私も思いますが。
一時的にでも、仔猫を産みはぐくむ頭数が減ることは
マイナスではないと思うのです。

活動を持続させていければ、きっと本来の目的は達成できなくはないと
記事を読んでいて思った次第です。


今回、ワタシがTNRしたのは女の子3にゃん。

TNRが無意味だとこの子たちを放っておけば、この春、きっと仔猫が
我が家周辺にたくさん見られたことと思います。

ですが、昨年の秋生まれの子たちを里親様に託し、
我が家周辺の女の子たちをTNRしたことによって、
今年、仔猫を含めた猫さまたちを目撃する機会が激減しました。

ワタシが、TNRすることを触れ回ったため、
外に出していた飼い猫さんたちが出されなくなったのも
ひとつの要因だと思います。

つまり、我が家の周辺に関して言えば。
TNRは意味を成したのではないかと思うのです。

ですので、なにも行動を起こさず、データをみて、批判するのは
正直簡単なことだと思いました。

やり方次第によっては、そこそこ結果を出す。
それがTNRなのだと思います。

何もしなければ改善なんて望めないのです。
えさやりを「愛誤」と決め付け、
(いや、ののしられてもしょうがない方も中にはいるのだと思いますが。)
ただ、批判するだけなら、誰でもできる気がします。

例えば、えさをやらなければ解決するのでしょうか?
糞尿被害があるからと、猫たちを殺処分すれば問題解決なんでしょうか?

それって、人間さえよければそれでいいの究極系ではないのでしょうか?

子どもを生む権利をTNRは奪いますが、
その子の生きる権利までは奪わないのがTNRなんだと思うのですが。

などと、つらつら思った次第です。

数字やデータだけでは得られないもの。
それが、行動を起こすことにより得られるかけがえのないものだと
ワタシは思います。

我が家周辺の猫問題はまだまだ続くのだと
それは覚悟の上です。

その上で。
行動あるのみ!
そう、思うちゃままなのでした。








にほんブログ村 猫ブログへ
ご訪問いただきありがとうございました!



スポンサーサイト



9 Comments

八朔かーさん  

ママ猫さんの捕獲、お疲れ様でしたm(_ _)m

人が何かを感じ動く時、その行動に無意味と言う言葉は当てはまらない。
と、かーさんは思っています。
そこに、もしどうしようもない現実があったとしても、何も行動を起こさない時よりも、間違いなく一歩進んだはず。
最初から全てをクリアーできないのであれば。やらない方がマシだと言うのは、頭デッカチの暴言だとすら思います。

「戦う君の歌を、戦わない奴らが笑うだろう」
中島みゆきが歌う「ファイト」の歌詞です。

笑いたい奴らには笑わせておけばいい。
戦う人が笑顔になる時、そこには意志があり、成果があるのですから。
ファイト!!ファイト!!

飲み込めない違和感を応援致します。

2016/02/29 (Mon) 23:37 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/01 (Tue) 12:22 | REPLY |   

みかん  

私は無意味だとは思いません。
現に、ちやんと管理されている所もありますもの
少なくとも、ちゃままさんがTNRした猫ちゃんたちはお外の猫を増やしません。
悪循環をすこしでも断ち切れたのであれば、それは意味のあることだと思います。

言うのは簡単。
自分も反省です。



2016/03/01 (Tue) 21:16 | REPLY |   

ちゃまま  

> 八朔かーさん様

中島みゆきさんの「ファイト」の歌詞、ココロにしみました(。´Д⊂)
ありがとうございます!!

そうですね。
行動をおこしたことでなにかが一歩進んだはずですよね。

この春はきっと仔猫は生まれることがないでしょうが、
夏以降、他からの流入もあるでしょうから、
我が家周辺だけでもしっかり見守っていきたいと思います。

2016/03/01 (Tue) 21:52 | REPLY |   

ちゃまま  

> みかん様

コメ、ありがとうございます。
そうですね、悪循環をひとつ断ち切れたはずですよね。

TNRに踏み切るのにちょっと勇気が必要だったので、
意味があったといっていただけるだけで
本当に嬉しい限りです。

2016/03/01 (Tue) 22:03 | REPLY |   

きらちろママ  

TNRお疲れ様でした。
いろんな考えがあるでしょうし、そういう考えを発信することもいいと思います。
どれが正解かなんて誰にもわからなし、ないのかもしれません。
わたしも、40頭くらいでしかないのですが、TNRをやってきて、今いる猫の増減がどうとか、糞尿被害がどうとかなんて、すぐに結果がでることではないと思っています。

でも、不妊化しなけければ確実に増えますし、不妊手術することで、発情期の鳴き声や尿のニオイは軽減されますよね。
それと、私が一番念頭においていることは、外で産まれても寒さや栄養不良で育たない仔をなくしていきくためにTNRをしなければならないと思っていることです。
妊娠させないことが、不幸な猫を作らないことで、周囲の住民のためのTNRではないということです。
その考えもどうかな…と思ってもらってもいいんです。
猫のためにやっていることが、周囲の住民にもよかった…と付録で思ってもらえたらそれでいいんじゃないでしょうか。
長々と自論を語ってしまってすみません。

ペコちゃん・ポコちゃんのお母さんも、自分の身体の負担も子育ての緊張感からも解放されて喜んでいると思いますよ(^^♪

2016/03/01 (Tue) 22:45 | REPLY |   

ちゃまま  

> きらちろママ 様

そうですね。
厳しい環境の中で育つことのできない子をなくすための活動でもありますよね。

ワタシは、ワタシが保護する子をなくすためのTNRです。
助けられなかった子を悔やまないための目的です。
決してえらそうなことをのたまえる動機ではないと思ってはいます。

去年はたまたま保護できただけ。
今までは助けることもできませんでしたし。
今年は出会えたときに保護できるとは限らない。
人知れずなくなる命は寂しいし。
目の前にいるのに助けることができないのもイヤなので。
だったら産まれない環境をつくろうと。

ちっぽけな動機からです。

いろんな考え方の人がいて当然ですよね。
ご意見、ありがとうございます!

2016/03/01 (Tue) 23:58 | REPLY |   

ぬこさん  

ペコ・ポコちゃんのママはきれいなお顔ですね!
価値基準を何処に置くかによって意見って違ってくるものなのでしょうね。

人間の作った社会の隙間で増々生きにくくなった動物たちを更に糞尿被害とかエサをあげるなとか言って追い詰める。
動物たちが受けてる被害に比べたら人間の被害なんて小さなものです。
ホントの害は人間なのに・・・

避妊なども確かに苦肉の策ではあると思います。
生まれた子供が元気に育ってくれればそれが理想なんですけど。
ちゃままさんの活動によって救われた猫さんもたくさんいるのだから何もしない人に無意味だなんて言われたくないですよね!

2016/03/02 (Wed) 00:19 | REPLY |   

ちゃまま  

> ぬこさん 様

ペコ・ポコのお母さんは、今回TNRした子の中で一番若く、一番きれいな子です。
他の子は真菌だったり、疥癬だったり、なんらかの病気にかかってしまっています。
それだけ、お外の生活は過酷なのでしょう。

本来、子どもを産み育てるというのは、生きるものの権利だと思っています。
生態系を無視して、人間が動物たちの生きる場所を奪い過ぎているのに
そのことを棚上げして被害者意識を持っているのだとワタシは考えています。
ですから、TNRというのは極めて人間都合の行為であることも認識しています。

ほんのちょっと、共に生きるための工夫を人間が行えば
それだけで実は、人も野良と呼ばれる存在も幸せに暮らせるはず。
難しいですね^_^;

2016/03/03 (Thu) 23:43 | REPLY |   

Leave a comment